民間Private

民間宿泊 / 大阪

ヒルトンの最上級ホテルブランドなど進出/3ホテルのオペレーターが正式決定/うめきた2期地区開発事業

2021.11.24

開発が進む「うめきた2期地区開発事業」(大阪市北区)に進出する3ホテルのオペレーターが正式に決まった。南街区には、米ホテルチェーンのヒルトンのスーパーラグジュアリーホテル「ウォルドーフ・アストリア大阪」と阪急阪神ホテルズ(大阪市北区)のアップスケールホテル、北街区にはヒルトンのライフスタイルホテル「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」がそれぞれ進出する。ヒルトンの最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」は関西初進出となる。開業時期は「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」が2024年度上期、阪急阪神ホテルズのホテルが24年度下期、「ウォルドーフ・アストリア大阪」が25年度上期を予定している。

【ウォルドーフ・アストリア大阪(外観)の完成予想イメージ】

ウォルドーフ・アストリア大阪

「ウォルドーフ・アストリア大阪」(延べ3万3090平方㍍)は、南街区賃貸棟・西棟の2階と28-38階に入る。50平方㍍を中心とした252室の客室のほか、ラウンジ&バー、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室などを設ける。

【キャノピーbyヒルトン大阪梅田の完成予想イメージ】

キャノピーbyヒルトン大阪梅田

「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」(延べ2万0220平方㍍)は、北街区賃貸棟の10-25階に入る。客室は32平方㍍を主体とした308室。レストラン、ルーフトップバー、フィットネス、会議室などを設置する。「キャノピーbyヒルトン」ブランドは日本初進出となる。

【阪急阪神ホテルズのホテルの完成予想イメージ】

阪急阪神ホテルズ

阪急阪神ホテルズのホテルブランドやホテル名は未定。南街区賃貸棟・東棟の5-28階に入る。延床面積は2万1740平方㍍。客室は23平方㍍を中心とする482室。レストラン、バー、フィットネスを備える。

「うめきた2期地区開発事業」は、24年夏ごろの先行まちびらきを目指して工事を進めている。3ホテルの客室数の合計は、1042室となる。

2021.11.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む