官庁Authorities

官庁 / 大阪

木材港地区貯木場利活用ビジョンを策定/新規土地造成で産業用地など創出/岸和田市会員専用

2021.11.25

大阪府岸和田市は、「木材港地区貯木場利活用ビジョン」をまとめた。水面の大半が低利用な状況となっていることから、遊休水面を活用した新規土地造成によって、産業用地の創出や、研究機関・企業の誘致などにつなげる。過去の事例を踏まえると埋め立て工事などだけでも数百億円以上の規模で、コンセプトに基づき国家プロジェクトに発展させて取り組む場合、数千億円規模の事業になるとみている。

【土地利用ゾーニング(案)】

無題

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2021.11.25

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む