民間Private

民間 / 兵庫

ファーム新球場のフィールドは甲子園球場と同サイズ/鳴尾浜から尼崎・小田南公園に移転/練習場、選手寮兼クラブハウスも整備

2021.11.25

阪神タイガースの新しいファーム施設の概要が明らかになった。現在の鳴尾浜(兵庫県西宮市)から小田南公園(兵庫県尼崎市)に移転する。新設する「(仮称)タイガース野球場」のフィールドは、両翼が95㍍、中堅が118㍍と甲子園球場と同じサイズ、同方位に揃える。野球場のほか、内野は黒土、その他は天然芝の室外練習場、室内練習場、選手寮兼クラブハウスも設ける。供用開始日は2025年2月1日までの間を目途に協議している。

【(仮称)タイガース野球場(完成イメージ)】

1

尼崎市は小田南公園に加えて、周辺の大物公園や大物川緑地を一体的に再整備する。小田南公園では、北側の公園供用部分(第1工区)に(仮称)タイガース野球場、(仮称)タイガース練習場、一般市民のための(仮称)小田南公園野球場、小田南公園広場を設ける。阪神タイガース(西宮市)は、(仮称)タイガース野球場と(仮称)タイガース練習場を専用使用する。

小田南公園南側の公園未供用部分(第2工区)には、阪神電気鉄道(大阪市福島区)が室内練習場、選手寮兼クラブハウス、駐車場などを建設し、阪神タイガースが専用使用する。

(仮称)タイガース野球場は、RC一部S造3階建て延べ1万0812平方㍍。建物高さは22㍍。観客席は約3600席で、このほかに引退試合などの臨時外野席約800席を設ける。1階にグッズショップや券売所、2階に売店が入る。外野部分に選手用ランニングコースを整備する。

【室内練習場(完成イメージ)】

2

室内練習場は、S造平屋延べ6160平方㍍で、内野グラウンド、打撃練習場6レーン、投球練習場6レーン、コンディショニングエリア1か所などを設ける。

【選手寮兼クラブハウス(完成イメージ)】

3

選手寮兼クラブハウスは、寮室38室、食堂、浴室、ミーティングルーム、室内トレーニングルーム、リハビリ室などが入る。施設規模は、S造3階建て延べ3643平方㍍。

小田南公園の所在地は尼崎市杭瀬南新町。阪神電気鉄道、阪神タイガース、尼崎市の3者は基本協定を5月に結び、小田南公園での阪神タイガースファーム施設の移転実現に向けた協議を進めていた。

2021.11.25

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む