経営Management

経営コラム /

【コラム】阪急大阪梅田駅の再開発構想で梅田がさらに変貌!2030年以降の「未来の地図」に期待/不動産鑑定士トシの都市Walker

2022.01.21

前回のコラム『大阪梅田ツインタワーズ・サウスが間もなく完成!「大阪オフィスビル2022年問題」は?』にて大阪梅田ツインタワーズ・サウスを取り上げた。そのコラム発表と同日の読売新聞朝刊での記事「梅田とJR大阪駅周辺、空中デッキで連結構想も…阪急がキタで半世紀ぶり大規模開発」が阪急梅田駅界隈の再開発構想だった。

Osaka,,Japan,-,December,7,2017,:,Osaka,Station,Is,A

奇しくもタイミングが一緒だったこともあり、前回に続いて大阪梅田エリアに着目する。

まずはその再開発対象施設を列記してみよう。

01

一つ目は「大阪新阪急ホテル」。1964年開業。地上10階建てで、総客室数は961室。駅直結で利便性が高いホテルであったが、コロナ禍の影響などで、21年3月に営業終了が発表された(梅田OSホテルは21年度末までに、大阪新阪急ホテルは24年度末ごろに営業終了/千里阪急ホテルも25年度末ごろに閉館/阪急阪神ホテルズ=建設ニュース)。

【コラムの続きは、別サイト『未来の地図』にで無料でお読みいただけます】

2022.01.21

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む