不動産Real Estate

不動産宿泊 / 京都

リーガロイヤルホテル京都を3月に売却/米投資運用会社の特定目的会社に/ロイヤルホテル

2015.02.13

ロイヤルホテル(本社・大阪市北区中之島5-3-68、川崎亨社長)は保有・運営する「リーガロイヤルホテル京都」(京都市下京区)の土地と建物を売却する。売却先は米投資運用会社のフォートレス・インベストメント・グループ系のFlorentia特定目的会社(本社・東京都港区赤坂2-10-5、山崎亮雄代表)。譲渡価格は非公表としている。リーガロイヤルホテル京都の名称は変えず、ロイヤルホテルが引き続き運営する。大規模改修は2016年2月から実施し、7カ月程度の全館休業を予定している。

【米投資運用会社の特定目的会社が取得するリーガロイヤルホテル京都】

リーガロイヤルホテル京都

ロイヤルホテル、Florentia特定目的会社、RRH京都オペレーションズ合同会社の3者は13日、譲渡と業務委託についての三者間合意を結んだ。ロイヤルホテルはRRH京都オペレーションズと運営委託契約を結ぶ。不動産の売買契約は3月中旬に締結し、3月27日に譲渡するとともに、運営受託を開始する。

Florentia特定目的会社は、フォートレス・インベストメント・グループLLCの 関係会社が運用するファンドが組成するホテル資産の所有会社。RRH京都オペレーションズ合同会社はフォートレスが組成するホテル経営会社。今回の売却によってロイヤルホテルは事業譲渡益として、連結と個別それぞれに約33億円の特別利益を計上する。

リーガロイヤルホテル京都は、国内外からの観光客などの増加が予想されることから、リニューアルで魅力を高めるとともに、基幹設備を更新する。京都市の緊急輸送道路に面しており、改修工事と合わせて、耐震改修促進法に基づく所定の手続きなどの必要な対応も進める。

ホテルの規模は地下2階地上14階建て延べ4万1902平方㍍。客室数は482室。所在地は京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1の敷地9225平方㍍。1969年11月1日に開業した。

2015.02.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む