民間Private

民間事務所 / 大阪

もと淀川区役所跡地など開発が今夏から始動/阪急阪神不動産が39階建てマンションなど/西敷地には履正社が専門学校施設を建設会員専用

2022.02.18

もと淀川区役所跡地(大阪市淀川区)などで計画されている開発プロジェクトが今夏から始動する。敷地の西側に学校法人履正社(大阪市淀川区)が専門学校施設などの入る9階建て延べ6700平方㍍の建物を、敷地の東側では阪急阪神不動産(大阪市北区)が39階建て延べ約8・4万平方㍍のマンション(712戸)、店舗、図書館などが入るビルをそれぞれ建設する。履正社の建物は7月初旬に着工、2024年3月末の完成、阪急阪神不動産のビル(高さ約144㍍)は8月初旬に着工、26年5月末の完成を計画している。

【阪急阪神不動産と高松建設が提案した外観デザイン(プロポーザル時)】

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e4

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2022.02.18

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む