経営Management

経営コラム /

【コラム】佐々木朗希の完全試合達成!~そこから我々が学ぶことって何だろう?~/不動産鑑定士トシの都市Walker

2022.05.13

先月、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(以下、朗希)が完全試合を達成した。プロ野球28年ぶりの快挙を20歳の史上最年少で成し遂げた。いつかはやると思っていたが、こんなに早く演じるとは。

1

※かつての千葉マリンスタジアムの光景

筆者は10年くらい前から千葉ロッテマリーンズのファンである。それ以降、「ほっつきWalker」が「追っかけWalker」となり、全国を観戦行脚している。

各地に赴くと聞かれるのがこのフレーズ。それは「どこにでもいるタイガースファン」、そして「どこにでも行くマリーンズファン」。まさしく筆者にぴったりのチームだ。

そんなマリーンズに、2年前、朗希はドラフト1位で入団した。

彼がルーキーの2020年2月、コロナが話題になり始めた頃、石垣島キャンプに訪れた。そこで、朗希を初めて間近にみた。身長190㌢㍍。細身なのでとにかく背が高く見える。反面、小顔でまだ幼さが残り、そのギャップが愛らしい。宝の原石の彼に多くの報道陣が集まり、スポーツ番組にて特集が組まれ放映されていた。まだ、一球も投げていないのに。

【コラムの続きは、別サイト『未来の地図』にで無料でお読みいただけます】

2022.05.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む