官庁Authorities

官庁交通関係 / 大阪

49億円で熊谷組/LCC専用の第3ターミナルビル/新関西国際空港会社

2015.03.13

新関西国際空港会社は「関西国際空港第2期地区新旅客ターミナルビル新築工事」を一般競争入札し、49億0715万6987円で熊谷組に決めた。2日に契約を結んだ。LCC(ローコストキャリア)専用施設となる第3ターミナルビルの実施設計と施工を一括して発注する。

入札には熊谷組、大成建設、竹中工務店、大林組(見積辞退)が参加した。見積もり合わせを3回実施し、最低札だった熊谷組と不落随契交渉を行い、同社と契約した。

工事の規模はチェックイン棟が平屋建て4000平方㍍、ターミナルビル棟が平屋一部2階建て延べ1万8000平方㍍、搭乗コンコースが2階建て延べ8000平方㍍。総延床面積は3万平方㍍。税関や入国管理局、検疫所などのCIQ施設を含む。基本設計は梓設計が担当した。

建設地は大阪府泉佐野市の関西国際空港内。履行期間は2016年11月30日まで。

2015.03.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む