民間Private

民間共同住宅 / 滋賀

大津市の集合住宅兼店舗を解体/閉館したびわ湖温泉紅葉の北側で/京都紅葉

2015.03.19

ジャパンレジャーサービスグループの関連会社である京都紅葉(山下武代表)は大津市の集合住宅兼店舗ビルを解体する「サンクラン晴嵐解体工事」を進めている。施工は環境整備ニヂュウイチ(本社・京都府長岡京市神足塚田11、田畑建一代表)が担当している。2013年1月に閉館したホテル「びわ湖温泉紅葉」の跡地北側に位置する。同ホテル跡地にはプレサンスコーポレーション(大阪市中央区城見1-2-27、山岸忍代表)が延べ約5万平方㍍の大規模マンション「(仮称)茶が崎プロジェクト」を再開発する。

【解体工事が始まったサンクラン晴嵐】

サンクラン晴嵐解体工事

解体工事の規模はSRC造10階建て延べ6797平方㍍の建物が対象で、所在地は大津市茶が崎4-3。工期は3月2日から7月31日。

【ホテル建物はすでに解体を終え、更地化している】

(仮称)茶が崎プロジェクト

再開発事業「(仮称)茶が崎プロジェクト」の規模はRC造15階建て延べ5万0575平方㍍のマンションを建設する。設計は長谷工コーポレーションが担当している。17年12月の完成を予定している。

2015.03.19

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む