官庁Authorities

官庁交通関係 / 大阪

森之宮に水素ステーション・情報発信拠点/事業者を公募/大阪府

2015.03.18

大阪府は燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて大阪・森之宮に水素ステーション・情報発信拠点を整備する事業者を公募する。応募書類を25日まで持参または郵送によって商工労働部成長産業振興室新エネルギー産業課新エネルギー産業グループで受け付ける。事業者の決定は4月下旬に開く新エネルギー産業振興施策審査会の審査で決める。契約の締結や土地の引き渡しは9月を予定している。

【水素ステーション・情報発信拠点を整備する敷地】

水素ステーション・情報発信拠点

1時間あたり300立方㍍以上の供給能力を持つ水素ステーションとともに、FCVや水素ステーションなどの関係技術の展示、府民や企業・大学などが水素に対する最新の情報に触れることができる設備・機能を持つ施設を整備することを条件とする。貸付期間は20年間で、事業用定期借地権設定契約を結ぶ。

建設地は大阪市城東区森之宮1-1-5の一部の敷地1390平方㍍。住居表示は1-6-102。敷地内には旧森之宮庁舎、大阪府警察本部森之宮別館、大阪府森之宮天然ガス充填スタンドの建物や設備がある。最低貸付価格は1年当たり1197万6000円以上としている。

大阪府は2015年度から3年間で9カ所の整備を目標としており、茨木市と泉佐野市ですでに整備中としている。

2015.03.18

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む