民間Private

民間共同住宅 / 大阪

SENRITOよみうりⅠ期は7月1日に開業/健康や医療面を拡充/読売新聞大阪本社ら

2015.04.27

読売新聞大阪本社と読売テレビ放送は27日、MID都市開発、関電不動産、関西電力の3社とともに大阪・千里ニュータウンに整備する「よみうり文化センター千里中央」の再整備事業のうち、商業施設「SENRITO(センリト)」Ⅰ期を7月1日に開業すると発表した。Ⅰ期では健康や医療面を拡充する。設計を日建設計、施工を清水建設が担当している。

【よみうり文化センター千里中央再整備事業のイメージ図】

よみうり文化センター再整備事業の完成パース

Ⅰ期には現よみうり文化センターの専門店やクリニックが移転入居するほか、スイミングスクール・スタジオ講座を大阪ガスグループのオージースポーツが「コ・ス・パ」の新店舗として承継する。3階には「クリニックモール」を設ける。このほか、新たな飲食スポットとしてイタリアンレストラン・宅配ピザ「サルヴァトーレ クオモ」とカフェ「スターバックス コーヒー」を誘致する。

現在は既存のよみうり文化センターは営業しながら、建物北側に商業施設のⅠ期を建設している。既存のよみうり文化センターは赤レンガが特徴的な建物で、商業施設Ⅰ期の完成後に先行して移転、その跡地に商業施設Ⅱ期や住宅施設(543戸)を建設することで、スイミングスクール・健康系講座のほか、金融機関や商業店舗、クリニックなどの現在のテナントは切れ目なく営業を続ける。

再整備事業はS造地下1階地上7階建ての商業施設と、RC造地下1階地上51階建ての共同住宅を整備する。延床面積は7万2974平方㍍。読売新聞大阪本社と讀賣テレビ放送が商業施設を、MID都市開発、関電不動産、関西電力の3社が共同住宅の事業主となる。共同住宅は設計施工を大林組が担当する。

商業施設Ⅱ期はイオンモールが参画し、1階に高級スーパーを始め、専門店を展開する。住宅施設は定期借地権付きの分譲マンションを建設する。駐車場は771台分を確保する。

建設地は大阪府豊中市新千里東町1-1-3の敷地1万2239平方㍍。建築面積は1万0353平方㍍。商業施設Ⅰ期が完成後、既存建物の解体を7月上旬から2016年1月下旬まで、商業施設Ⅱ期新築を16年2月上旬から17年3月下旬まで、住宅施設新築を16年2月上旬から19年4月下旬までをそれぞれ予定している。

2015.04.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む