官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

最低札は地域経済研究所/千里藤白台第2期のPFI調査/大阪府

2013.12.19

大阪府は委託役務として「大阪府営千里藤白台第2期住宅における民活手法の導入可能性の検討にあたってのアドバイザー業務」を一般競争入札し、18日に開札した。入札には2社が参加、地域経済研究所(本社・大阪市中央区石町1-1-1)が90万円、みずほ総合研究所(東京都千代田区内幸町1-2-1)が240万円で札入れした。入札結果は確認中。予定価格は305万8000円としている。

業務は大阪府営千里藤白台第2期住宅を更新する手法として、PFI手法を視野に入れ、民間活力を活かした府営住宅整備手法の導入可能性を検討する。具体的には、PFI手法を行う場合のPSCとのコスト比較や検討(VFMの算定など)、活用用地への民間事業者の参加意向や生活支援施設誘致の可能性調査などを実施する。対象地は大阪府吹田市藤白台1丁目と3丁目。契約期間は2014年3月24日まで。

千里藤白台住宅は団地全体が9・3㌶で、第1期を3・6㌶、第2期を5・7㌶に分けて整備する。建替前の管理戸数は1128戸。第2期の検討は26棟834戸を対象としている。第1期はPFI方式のうちBT(建設・譲渡)方式を採用し、近鉄不動産・長谷工コーポレーショングループが09年10月に落札し、すでに建設を進めている。第1期は5棟527戸を整備する。

 

2013.12.19

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む