官庁Authorities

官庁入札結果 / 和歌山

淺川組・三友工業・宮井組JVが正式に落札/伏虎中学校区小中一貫校建設建築工事/和歌山市

2015.06.03

和歌山市は2日、「伏虎中学校区小中一貫校建設建築工事」の落札者を30億6160万3000円で淺川組・三友工業・宮井組JVに正式に決めた。5月15日に開札したが、調査基準価格を下回り、低入札価格調査を実施、最低札の淺川組JVが落札した。同じく低入札価格調査中だった「伏虎中学校区小中一貫校建設機械設備工事」は5億1690万円で東和冷機が落札した。

「伏虎中学校区小中一貫校建設電気設備工事」は4億4264万円で萩野電機工業所にすでに決まっている。

建築工事の予定価格は36億0500万円、調査基準価格が32億0475万円、最低制限価格が30億3729万4596円。入札には淺川・三友・宮井JV、東亜・中井・第五JV、大日本・日紀・進藤JV、熊谷・保田・和大JVの計4JVが参加した。

工事の概要は新設校舎がRC一部S造5階建て延べ1万4249平方㍍、建築面積は4275平方㍍、部室棟(2棟)がRC造平屋98平方㍍、倉庫棟がRC造平屋51平方㍍、屋外便所棟がRC造平屋39平方㍍、給気棟改修、外構(付帯設備渡り廊下・自転車置場など)、南校舎解体がRC造3階建て延べ1830平方㍍、外構解体。

伏虎中学校と、本町、城北、雄湊の3小学校を統合し、和歌山市初の小中一貫校を整備する。設計は山田綜合設計・和田JVが担当した。

建設地は和歌山市鷺ノ森南ノ丁1の城北小学校用地と、和歌山市西鍛冶屋町7の城北公園用地の計2万3143平方㍍。工期は3件とも850日間。2016年度中に完成させ、17年度の開校を目指している。

2015.06.03

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む