官庁Authorities

官庁教育 / 大阪

阪大箕面キャンパスを箕面・船場東地区に移転/現箕面キャンパス跡地はスポーツ施設を整備/大阪大学と箕面市

2015.06.18

大阪大学と箕面市は17日、大阪大学箕面キャンパス(箕面市粟生間谷東地区)を北大阪急行線の延伸で2020年に新設する「(仮称)箕面船場駅」の東隣にある土地区画整理事業予定地内(箕面市船場東地区)に移転することで覚書を交換した。大阪大学箕面キャンパス移転後の跡地は、箕面市が保有し、大阪大学と連携しながらスポーツ施設の整備などの有効活用を検討する。これからより詳細な具体案を検討し、16年4月に合意書を締結する。移転は21年を予定している。

【箕面船場のまちづくりのイメージ】

箕面船場のまちづくりのイメージ

大阪大学の新箕面キャンパスは、大阪大学にとって初めてとなる都市型キャンパスとし、駅前地域に溶け込んだ施設づくりを目指す。大阪大学にとって学習環境の向上などに、箕面市にとって活気のあるまちづくりにつながると判断、覚書の交換につながった。大阪大学は豊中(豊中市)、吹田(吹田市)、箕面、中之島(大阪市)の4キャンパスがあり、新箕面キャンパスはこれらの結節点に位置しており、キャンパス移転によってそれらの連携も強化する。

【大阪大学の各キャンパスの位置図】

大阪大学の各キャンパスの位置図

現箕面キャンパスは旧大阪外国語大学のキャンパスがあった場所で、07年10月に大阪大学と統合した後も、外国語学部が残っている。学生数が減るとともに、施設の老朽化も進んでいたことから、新キャンパスに移転する。

2015.06.18

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む