民間Authorities

民間事務所 / 大阪

【民間】御堂筋沿いに超高層複合ビルを計画/御堂筋沿い高層マンションは初/積和不動産関西

2014.02.27

積水ハウスグループの積和不動産関西(本社・大阪市北区大淀中1-1-30、松吉三郎社長)は、大阪・御堂筋沿いにある現在は駐車場の敷地に、商業、オフィス、マンションが入る高さ100㍍超の複合ビルを計画している。早ければ2016年にも完成する。高層階は高級賃貸マンションにする計画で、実現すれば御堂筋沿いで初の高層マンションになる。

【現在は駐車場として使っている】

積和不動産関西超高層ビル

ビルは低層階に商業施設、中層階にオフィス、高層階に高級賃貸マンションが入る。建設予定地は大阪市中央区南船場4-1の敷地約2600平方㍍。地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線の心斎橋駅から北側約200メートルに位置する。敷地の南側にヨドコウ第2ビル、北側に日本生命御堂筋ビルがあり、現在は「タイムズ御堂筋南船場」として営業している。

大阪市の規制緩和で御堂筋の南地区(本町~心斎橋間の約0・8㌔)は「高級感のある複合市街地」を目指すエリアと位置づけ、建物はオフィスを中心とし、居住部分は賃貸で全体の3分の1以下などの新基準を設ける。今回建設するビルもこの基準に沿った計画になる。一方の北地区(淀屋橋~本町間の約1・2㌔)は「風格あるビジネスゾーン」とし、従来と同じくビルをマンションとして利用することができない。

2014.02.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む