官庁Authorities

官庁入札結果 / 兵庫

東畑建築事務所・地域計画建築研究所・E-DESIGN設計共同体を特定/宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本計画・基本設計策定業務/宝塚市

2015.06.29

兵庫県宝塚市は「宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本計画・基本設計策定業務」の公募型プロポーザルを実施し、東畑建築事務所・地域計画建築研究所・E-DESIGN設計共同体を第1契約候補者に選んだ。7月上旬に契約を結ぶ。委託限度額は1500万円(税込み)としていた。

【東畑建築事務所JVの提案パース】

東畑建築事務所JVの提案パース

プロポーザルには12者が提案した。次点契約候補者は隈研吾建築都市設計事務所・東京ランドスケープ研究所・公園マネジメント研究所。東畑建築事務所JVの案は「拠点施設は宝塚市の新たなシンボルになり得る外観デザイン」であることなどが高い評価を得た。

阪急宝塚線・今津線宝塚駅東側の宝塚ガーデンフィールズ跡地約1㌶に、文化芸術活動拠点や庭園を整備する。業務は宝塚ガーデンフィールズ跡地整備の基本計画・基本設計を担当する。新拠点は子どもをテーマにした現代美術・工芸作品を展示し、音楽やアニメなど多様なジャンルの催しを常時開催する。規模は3階層延べ3000平方㍍以内、敷地面積は約1000平方㍍。建築費は15億円以内としている。

宝塚市武庫川町の宝塚ガーデンフィールズ跡地は全体で約3㌶あり、3街区に分けて整備する。今回の対象地の面積は約1万0200平方㍍で、用途地域は商業地域で、建ぺい率は80%、容積率は400%となっている。業務期間は16年2月28日まで。供用開始は17年度ごろを想定している。

2015.06.29

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む