民間Private

民間事務所 / 大阪

大阪・梅田のオフィスビルで建て替えを計画/敷地面積は約1000平方㍍/テナントの退出進む

2015.07.10

大阪・梅田のオフィスビル「新梅田ビルディング」が建て替えを計画している。すでにテナントの退出は進み、ほぼ閉館された状態になっている。土地は不動産業を営む個人が所有している。敷地面積は約1000平方㍍。

【テナント退去が進む新梅田ビルディング】

新梅田ビルディング

新梅田ビルディングの規模はRC造7階建て塔屋1層延べ4226平方㍍。1957年12月に竣工した。所在地は大阪市北区芝田2-2-1(住居表示)。敷地面積は1021・18平方㍍。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が400%となっている。

道路を挟んで南側では「ヨドバシ梅田2期開発」の計画があり、グランフロント大阪からも至近に位置する。高いポテンシャルを秘めたエリアだけに、動向が注目を集めそうだ。

2015.07.10

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む