民間Private

民間交通関係 / 大阪

高架下エリアに新商業施設を開発/大阪環状線桃谷駅の美装改良・開発計画を公表/JR西日本

2015.07.24

西日本旅客鉄道(JR西日本)は24日、大阪環状線の桃谷駅の美装改良・開発計画を公表した。高架下エリアに新商業施設を開発するほか、新開札口の設置、駅構内店舗のリニューアル、駅舎全体美装改良に取り組む。2016年夏ごろの開業を予定している。

【桃谷駅ファサードのパース】

桃谷駅ファサード

駅西側の高架下エリアに約1000平方㍍の商業施設を新設する。各店舗にアプローチする外部通路を設け、新設の北側改札口からのつながりを演出する。合わせて、約550平方㍍の駅構内店舗エリアも全店舗リニューアルする。駅舎全体美装改良では、ホーム、改札内外コンコース、トイレ、案内サイン、外壁などを改良する。

13年度から「大阪環状線改造プロジェクト」を進めており、桃谷駅もその一環として実施する。

2015.07.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む