官庁Authorities

官庁入札結果 / 京都

受託候補者は青木淳・西澤徹夫設計共同体/美術館再整備工事基本設計業務/京都市

2015.08.04

京都市は「京都市美術館再整備工事基本設計業務委託 ただし、建築及び設備工事基本設計業務委託」の公募型プロポーザルを実施し、青木淳・西澤徹夫設計共同体を受託候補者に決めた。7月27日に選定した。第2順位は隈研吾建築都市設計事務所、第3順位は日本設計だった。概算予定価格は8840万円。

【青木淳・西澤徹夫設計共同体の提案内容】

青木淳・西澤徹夫設計共同体の提案内容

青木淳・西澤徹夫JV、飯田善彦建築工房、伊東豊雄建築設計事務所、遠藤秀平建築研究所、河井・畑・満田・浦野設計JV、環境・建築研究所・安井建築JV、環境デザイン研究所、共同設計、隈研吾建築都市設計事務所、佐藤総合計画、SANAA/妹島共同体、シーラカンスアンドアソシエイツ、ジェイアール東日本建築設計事務所、高松伸建築設計事務所、陶器二三雄建築研究所、日本設計、坂茂建築設計、平田晃久建築設計事務所、プランツアソシエイツ、山下設計・設計組織アモルフJVが応募した。

このうち、青木淳・西澤徹夫JV、環境・建築研究所・安井建築JV、隈研吾建築都市設計事務所、佐藤総合計画、SANAA/妹島共同体、日本設計の計6者が第1次審査を通過した。

業務は本館などの改修など工事に対する基本設計、本館などの耐震改修工事に対する耐震診断と概略補強設計、新棟増築工事に対する基本設計。改修対象建築物はRC造地下1階地上2階建て延べ9349平方㍍の本館、RC造地下1階地上1階建て延べ1790平方㍍の収蔵庫棟、木造地下1階地上2階建て延べ768平方㍍の事務所棟。新棟は延べ約6300平方㍍を想定している。建設地は京都市左京区岡崎円勝寺町124の敷地約2万4331平方㍍。

履行期間は2016年3月31日まで。2015年度に基本設計を終え、16年度以降に実施設計と工事を進める。設計施工一括発注を含めて検討する。実施設計以降の基本設計者の関わり方については協議を行う。18年度中の開業を目指している。

2015.08.04

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む