官庁Authorities

官庁入札結果 / 奈良

25億円で奥村組に決まる/WTO対象の平城宮跡歴史公園平城宮跡展示館建築工事/近畿地方整備局

2015.08.07

近畿地方整備局はWTO対象の「平城宮跡歴史公園平城宮跡展示館建築工事」を一般競争入札し、24億9800万円で奥村組に決めた。7月29日に開札した。

入札には村本建設(辞退)、東急建設(辞退)、大林組(辞退)、奥村組、安藤ハザマ、淺沼組(辞退)、熊谷組(無効)、錢高組、鴻池組、清水建設の計10社が参加した。

工事は平城宮跡歴史公園敷地内に平城宮跡の出土品の展示や宮跡のガイダンス、公園の総合的な利用案内などを行う拠点になる展示館を新築し、付帯の外構工事を実施する。展示館の規模はRC一部S造2階建て延べ6756平方㍍。囲障、屋外排水設備、舗装、雑工作物、樹木新植、芝張り新植、外構改修、エレベーター設備工事の各一式。使用する主要な資機材は鉄筋が1450㌧、コンクリートが1万1600立方㍍、鉄骨が250㌧、ロープ式エレベーターが1台。

設計は松田平田設計・オリエンタルコンサルタンツJVが担当した。建設地は奈良市二条大路南3。工期は2017年7月31日まで。

2015.08.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む