民間Private

民間物流・工場 / 大阪

DIC吹田工場跡地に大規模な物流施設を計画/代理人は竹中工務店/GLP吹田プロジェクト

2015.08.28

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)が組成する吹田ロジスティック特定目的会社(東京都港区東新橋1-5-2)は、DIC(東京都千代田区神田淡路町2-101)の吹田工場跡地7・5㌶(大阪府吹田市)に物流倉庫を計画している。吹田市に大規模開発事業構想を提出した。代理人は竹中工務店が務めている。

事業名は「GLP吹田プロジェクト」。建物は4階建てで、高さは31㍍。既存建物の解体工事は竹中土木が担当している。建設地は吹田市岸部南3-166の敷地7万5135平方㍍。都市計画道路十三高槻線に面している。最寄り駅は阪急京都線正雀駅から徒歩約10分強。

DICと2月13日に契約を結んだ。12月下旬に物件を引き渡す。DICは売却によって、連結ベースで122億円、個別で119億円の譲渡益を計上する。

吹田工場は印刷インキや着色剤などの製造拠点だったが、12年9月に閉鎖して遊休資産となっていた。印刷インキ生産は関西工場(大阪府枚方市)に集約するとともに、着色剤関連の生産は小牧工場(愛知県小牧市)と館林工場(群馬県館林市)に移管した。

2015.08.28

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む