民間Private

民間宿泊 / 大阪

大阪・難波千日前にホテルを計画/12月中旬に新築工事に着手/アパホーム

2015.09.13

アパグループのアパホーム(金沢市大和町1-5)は、大阪・難波千日前の千日前ファミリーボウルなどが入っていた伸光ビル跡地にアパホテルを建設する。ホテルは14階建てで、延べ約6000平方㍍。現在は既存ビルを解体しており、12月中旬に新築工事に着手し、2017年3月中旬の完成を目指している。

【解体工事が進む伸光ビル】

(仮称)アパホテルなんば駅東新築工事

建築物の名称は「(仮称)アパホテルなんば駅東新築工事」。ホテルの規模はS造14階建て延べ5851平方㍍。建物の高さは43・23㍍。部屋数はシングルが330室、ツインが49室、スイートが1室の計380室。1階にはレストランを設ける。

設計は日企設計(大阪市北区山崎町1-5)が担当している。施工者は未定。建設地は大阪市中央区難波千日前1496-1(地番)ほか。住居表示は難波千日前4-28。敷地面積は1327平方㍍で、このうち834平方㍍を建築面積に使う。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が400%。

土地は伸光不動産(大阪市中央区難波千日前4-28)が所有しているが、アパホームに賃貸借する契約を6月1日に結んでいる。伸光不動産はアパホームに対して6月1日から40年にわたって賃貸借する。

伸光ビルにはボウリング場やビリヤード場などが入っていたが、5月に閉店していた。伸光ビルの規模は延べ6237平方㍍。解体工事の施工者はパシフィックビルド(大阪市中央区伏見町3-1-1)が担当し、12月5日までに終える。現在は7階部の解体を進めている。

2015.09.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む