民間Private

民間教育 / 京都

伏見区の創業地に研修施設を計画/16年春に着工/宝ホールディングス

2015.09.15

宝ホールディングス(京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20)は京都市伏見区のTaKaRaグループ創業の地に、国内外のグループ社員を対象とする研修施設「宝ホールディングス歴史記念館」を建設する。施設の規模はRC・S造3階建て延べ約2800平方㍍。竹中工務店が施工する。2016年春に着工し、17年春の完成を予定している。

【宝ホールディングス歴史記念館の完成パース】

宝ホールディングス歴史記念館

記念館では創業からの企業史や産業史を学ぶ内容とする。定員150人規模の研修室などを備える。記念館の一般公開は予定していないという。建築面積は約1000平方㍍。京都市伏見区竹中町609。現在は子会社の事務所として使っている。

2015.09.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む