官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

最優秀者は内藤建築事務所/新庁舎建設基本設計・実施設計の公募型プロポ/千早赤阪村

2015.09.25

大阪府千早赤阪村は「千早赤阪村新庁舎建設基本設計・実施設計等業務」の公募型プロポーザルを実施し、内藤建築事務所を最優秀者(最適候補者)に決めた。次点者は松田平田設計だった。10者が参加表明し、第1次審査を通過した4者が技術提案を行った。予算規模は7085万円を上限としている。

【現在の千早赤阪村庁舎】

千早赤阪村役場.jpg

内藤建築事務所は「業務体制において、設計初期段階でのコストマネジメントに対する意識が高いこと」や、「総体的にコンパクトで外部空間をうまく活用した提案内容」などが高い評価を得た。

計画では建物は3階以下で、延べ3500平方㍍程度。役場庁舎、駐車場、多目的広場を整備する。駐車場は来庁者用に21台分、議員用などに9台分、公用車用に22台分を確保する。建設地は千早赤阪村大字水分263ほかの敷地約9500平方㍍。

業務は新庁舎建設工事の基本・実施設計のほか、付随する関連業務として既存施設(くすのきホール、郷土資料館)の解体工事の実施設計、既存施設(いきいきサロンくすのき)の改修工事の実施設計、開発行為許可申請と建築確認申請などを担当する。

履行期限は基本設計が2016年3月下旬まで、実施設計が17年2月下旬まで。17年度からくすのきホール・郷土資料館の解体工事、庁舎本体工事、外構工事を進め、19年度に完成引き渡し、供用開始を計画している。

2015.09.25

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む