民間Private

民間店舗 / 奈良

ならファミリーを55億円かけて大規模リニューアル/ハイクオリティ商業施設に転換/日本リテールファンド投資法人

2015.10.14

日本リテールファンド投資法人が資産の運用を委託する資産運用会社、三菱商事・ユービーエス・リアルティは、保有資産の商業施設「ならファミリー」(奈良市)を約55億円かけて大規模リニューアルすると発表した。テナントを段階的に入れ替えるとともに、実施設計を進め、2016年3月から環境工事を実施、16年11月のリニューアル開業を目指す。

【55億円かけて大規模リニューアルするならファミリー】

ならファミリー

ならファミリーは近鉄百貨店とイオンを核とし、約120の専門店で構成する。開業時は年間売上高が約600億円あり、奈良県下の一番店としての地位を確立していたが、2014年度には約400億円にまで減少、大規模リニューアルによって郊外型商業施設からハイクオリティ商業施設に転換することで、480億円規模にまで回復させる。

【集客の中心に吹き抜け広場を刷新】

ならファミリー吹き抜け広場

具体的には既存専門店区画の1階から4階と、3、4階の専門店ゾーン拡大を含めた1万2500平方㍍をリニューアルする。専門店ゾーンには複数の大型テナントを誘致する。

ならファミリーの規模はS一部RC造地下2階地上7階建て、S造7階建て、S造3階建て、S造り2階建ての4棟構成で、延べ11万5707平方㍍。所在地は奈良市西大寺東町2-4-1の敷地2万9342平方㍍。1992年11月と93年4月に建築した。取得価格は348億7500万円。

2015.10.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む