民間Private

民間宿泊 / 大阪

天王寺と梅田に宿泊特化型ホテルを出店/天王寺172室、梅田217室、17年に開業/ジェイアール西日本デイリーサービスネット

2015.10.21

ジェイアール西日本デイリーサービスネットは大阪・天王寺と梅田に宿泊特化型ホテルを出店する。客室数は天王寺がシングル116室とツイン56室の計172室、梅田がシングル183室、ツイン34室の計217室。いずれも2017年の開業を予定している。

【(仮称)ヴィアイン天王寺の完成イメージ】

(仮称)ヴィアイン天王寺

「(仮称)ヴィアイン天王寺」の規模はS造地下1階地上13階建て延べ8132平方㍍。このうちホテルが約3700平方㍍。1階はホテルエントランスと商業施設、2階から6階に商業施設が入り、7階にフロント、ロビー、朝食コーナー、客室、8階以上が客室となる。商業施設はディスカウントストア「(仮称)ドン・キホーテ阿倍野店」が入る。

設計はジェイズコーポレーション(京都市中京区元竹田町647-1)が担当。建設地は大阪市阿倍野区旭町1-1-2(地番)の大手前看護専門学校跡地。敷地面積は915平方㍍。JR天王寺駅、地下鉄天王寺駅、近鉄大阪阿倍野駅からいずれも徒歩2分。敷地は近畿財務局が行った一般競争入札で、ドンキホーテホールディングスが19億0628万1119円で14年11月に取得していた。ホテルは17年春の開業を目指している。

【(仮称)ヴィアイン梅田の完成イメージ】

 

(仮称)ヴィアイン梅田

一方の「(仮称)ヴィアイン梅田」はS造12階建て延べ4930平方㍍。このうちホテルブが約4750平方㍍。1階はホテルエントランス、フロント、ロビー、コンビニが入り、2階から11階は客室、12階は客室と朝食コーナーが入る。

建物は大和企業(大阪市北区小松原町1-20)がパチンコ屋「千成会館」の跡地に建設する。設計は東急設計コンサルタントが担当している。新築工事はコーナン建設・今西JVの施工で、11月初旬の着工を計画している。

建設地は大阪市北区小松原町1-1(地番)の敷地596平方㍍。地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩3分に位置する。17年夏の開業を予定している。

両ホテルはいずれも100%子会社のJR西日本ヴィアインが運営する。2ホテルの開業によって、ヴィアインホテルチェーンは全19店となる。

(注)上記の記事は、ジェイアール西日本デイリーサービスネットが発表したリリース『ホテル「ヴィアイン」が天王寺・梅田へ新規出店』の内容に加えて、弊社独自の取材に基づく内容を追加しています。

2015.10.21

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む