民間Private

民間共同住宅 / 大阪

ラマダホテル跡地に50階建ての分譲マンション/設計は大林組、16年7月に着工/東急不動産と住友商事

2015.11.04

東急不動産と住友商事は、大阪・中津のラマダホテル大阪跡地に50階建ての分譲マンション「(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画」を建設する。住戸はファミリー向け653戸。設計は大林組が担当している。施工者は未定。2016年7月に着工し、20年3月下旬の竣工を予定している。

【解体工事が進むラマダホテル大阪】

ラマダホテル大阪

マンションの規模はRC造地下1階地上50階建て塔屋2層延べ6万8111平方㍍。建物高さは168㍍。建設地は大阪市北区豊崎3-21-1(地番)ほかの敷地5154平方㍍。このうち2424平方㍍を建築面積に充てる。

現状は既存ホテルの解体工事を東急ホームズの施工で進めている。解体工事は16年6月30日までに解体を終える。解体工事名は「大阪市北区豊崎3丁目計画建屋解体撤去工事」。解体業者は昇和(大阪市港区田中2-1-1)。

4日時点でオリックスが土地を実質的に所有している。いずれかの時点で、東急不動産などに土地の全部または一部を売却するとみられる。オリックスが開発事業に関わるかは不明。ラマダホテル大阪は2013年末に閉館し、仮囲いで囲われた状態が続いていた。

ラマダホテルの前身は東洋ホテルで、1969年に旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)が中心になって開業した。04年にモルガン・スタンレーが事業を買収し、06年にラマダホテルグループに加わった。04年9月の時点で所有権が東洋ホテルからUFJ信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)に移り、神宮ホールディング特定目的会社が受益者になった。建物が老朽化し、改修に必要な多額の投資を回収できないと判断して閉館を決めた。閉館後、14年2月28日にオリックス不動産がいったん取得し、14年7月24日には親会社であるオリックスに所有権(受益権)を移した。

既存のホテル建物は地下2階地上16階建て延べ3万5685平方㍍で、大林組が施工した。客室数は547室。所在地は大阪市北区豊崎3-21-1(地番)ほか。用途地域は商業地域で、容積率が600%、建ぺい率が80%。

2015.11.04

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む