官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

106・5億円で清水建設/市立病院新病院建設と槇尾川公園整備事業/和泉市

2015.11.09

大阪府和泉市は「和泉市立病院新病院建設及び槇尾川公園整備事業」の実施設計と本体・附帯施設の整備、造成など工事の施工を一括して発注する公募型プロポーザルを実施し、清水建設を優先交渉権者に決めた。提案価格は病院部分が104億3000万円、公園部分が2億2500万円の計106億5500万円。次点者は前田建設工業・伊藤喜三郎建築研究所JV。3者が参加照明を提出し、1者が辞退したため、2者が提案書を提出していた。

【市立病院新病院のイメージ図】

和泉市立病院新病院

上限提案価格は病院部分が104億3000万円、公園部分が2億2557円だった。清水建設の提案は「早期完成に向けた工夫や安全対策などの近隣への配慮で高い評価」を得た。

病院の規模はRC造8階建て塔屋2層延べ3万1875平方㍍。病床数は307床。内科系9診療科、外科系8診療科、その他4診療科の計21診療科を備える。病床数の内訳は一般病床が約250床、小児病床が約20床、緩和ケア病床が約20床、集中治療病床が約15床。建物は免震構造を採用する。

業務は設計業務が新病院建設事業と公園整備事業の実施設計、施工業務が新病院建設事業と公園整備事業の建築工事、電気設備工事、機械設備工事(衛生設備工事、空調設備工事)、解体工事、造成工事、インフラ整備工事、駐車場など整備工事、土木工事、造園工事。基本設計は内藤建築事務所が担当した。

建設地は和泉市和気町4丁目ほか。病院敷地は約2万2210平方㍍、道路敷地が約3500平方㍍、公園敷地が約2万0350平方㍍。現病院から500㍍程度離れた槇尾川公園(市民グラウンド)の約半分を病院敷地に転用する。

事業期間は2018年3月30日まで。このうち設計業務は新病院建設事業、公園整備事業ともに16年7月31日まで。新病院の開院は18年4月を予定している。

 

2015.11.09

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む