不動産Real Estate

不動産教育 / 大阪

126・7億円で三菱UFJリースを事業候補者に選定/総合文化センターのセール・アンド・リースバック方式での売却/泉佐野市

2015.11.27

大阪府泉佐野市は、「泉佐野市総合文化センター」をセール・アンド・リースバック方式で売却する事業者候補者として、三菱UFJリースを選んだ。同社の100%子会社であるセントラルコンパスが購入する。購入金額は最低売却価格の126億7000万円(税別)。2者が応募していた。

【売却する泉佐野市総合文化センター】

総合文化センター

賃貸借期間は2016年4月1日から41年3月31日までの25年間とする。賃貸借期間中は、市が毎年度7億3094万4000円(税込み)を支払う。市政策推進課によると「消費税が(10%などに)変動しても、税込み価格は変えない」としている。

契約の条件は、期間を最低20年間とし、市が所有する土地は事業用の定期貸借契約などで貸し付けるとして、事業者を募った。総合文化センターの規模は延べ3万4848平方㍍。所在地は泉佐野市市場東1-181-1ほか。

2015.11.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む