民間Private

民間交通関係 / 大阪

シイタケ栽培事業に参入/鉄道高架下など低利用土地を活用/阪神電気鉄道

2015.12.09

阪神電気鉄道は鉄道高架下などを活用し、シイタケ栽培事業に参入する。阪神本線千船駅と姫島駅の間の高架下を含む土地で、シイタケの試験栽培を始めた。同社は高架下での植物工場事業にも取り組んでおり、高架下などの低利用土地の活用に注力する。

【シイタケの試験栽培の外観】

シイタケ栽培事業

千船駅と姫島駅間の高架下とその南側土地の計1100平方㍍を活用する。敷地の所在地は大阪市西淀川区千舟3丁目。夏種697号と冬種115号を育てる。日本きのこセンターから種菌の供給や栽培指導、技術供与を受ける。これから販路を開拓するとともに、原木の調達では六甲山などの間伐材などの利用も検討する。

2015.12.09

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む