官庁Authorities

官庁教育 / 兵庫

全体を文化芸術施設と庭園で構成/宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用方針(案)を公表/宝塚市

2015.12.24

兵庫県宝塚市は24日、「宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用方針(案)」を公表した。全体を文化芸術施設ゾーンと庭園ゾーンに大きく分けて整備する。文化芸術施設は2階建てで、1階を創造・交流フロアとし、創作スペースやライブラリー・カフェなど、2階は感動フロアとしてメインギャラリーなどを配する。15年度中に基本設計をまとめ、16年度の実施設計を経て、17年度と18年度で建設する。事業費は土地取得費が約15億円、施設整備費が約20億円の計35億円を見込む。

【宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用の外観パース】

宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用の外観パース

基本計画と基本設計は公募型プロポーザルで選ばれた東畑建築事務所・地域計画建築研究所・E-DESIGN設計共同体が担当している。

庭園ゾーンは、手塚治虫記念館前を桜のエントランスとし、いのちの広場、せせらぎと親水池、メインガーデン、桜のプロムナード、みんなの広場、ルーフガーデン(屋上庭園)を整備する。文化芸術施設は天井高4㍍を確保するメインギャラリーのほか、サブギャラリー、ミュージアムホール、キューブホール、カフェ、ショップなどを建設する。メインギャラリーは有料ゾーンとするが、その他のゾーンは庭園部分も含めて大半を無料とする。

建設地は阪急宝塚線・今津線宝塚駅東側の宝塚ガーデンフィールズ跡地約1㌶。宝塚市武庫川町の宝塚ガーデンフィールズ跡地は全体で約3㌶あり、3街区に分けて整備している。今回の対象地の面積は約1万0200平方㍍で、用途地域は商業地域で、建ぺい率は80%、容積率は400%となっている。

市は16年1月21日まで活用方針(案)に対するパブリック・コメントを募集し、市民の意見を踏まえて活用方針を正式に定める。

2015.12.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む