経営Management

経営インタビュー /

【インタビュー】地図を“見る”から“使う”に変える/中小企業や個人を積極的に開拓/黒木あっとクリエーション代表

2015.12.30

地図に関連したITサービスを提供するあっとクリエーション(大阪市北区梅田1-11-4)は、iPadを使った業務アプリ「カンタンマップfor iPad」をベースに、多様なパッケージサービスの開発に力を入れている。対象はインフラ点検や空き家調査、議員向けの選挙マップ、農業関連など幅広い。「中小企業、さらに個人に対して、地図を見るだけでなく、日常的に使ってもらえるサービスを提供したい」と話す黒木紀男代表に今後の方向性を聞いた。

黒木あっとクリエーション代表

――会社設立の経緯は?

「大学で土木を学び、卒業後は大手建設コンサルタントに入社しました。入社して2年弱で阪神・淡路大震災が起き、私もカメラや地図を手に現地を調査しました。その時の経験が現在にもつながっています。コンサルタントでは主に情報部門で、GISやVRなどのシステム開発を担当しました。その後、2007年9月に退職し、10月にあっとぷらん(現あっとクリエーション)を立ち上げました」

――主力製品の「カンタンマップfor iPad」の特徴は?

「iPadを使った現地調査ツールですが、最大の特徴はオフラインでも利用できる点にあります。オフラインというと時代と逆行しているように感じるかもしれませんが、ニッチなニーズは確実に存在します」

「たとえば、官公庁では情報セキュリティの面からオフラインは重要ですし、通信費がかからない点も強みです。また、落石や道路調査など山奥に行く業務ではネットに繋がりにくいため、必然的にオフラインで使える製品が求められます。これらの強みを活かし、主に官公庁や建設関連業を対象に実績を増やしてきました」

――「カンタンマップfor iPad」をベースに新たな製品の開発を進めていますね?

「現地調査ツールの「カンタンマップfor iPad」に、履歴管理機能を付加し、地図とデータベースを連携することで、官公庁や建設関連業だけにとどまらず、さまざまな業種で使ってもらえる製品を開発しています。これを2本目の事業の柱にしていきたいと考えています」

「たとえば、自治体で発注が増えている空き家調査ですが、空き家の位置を事前に登録した上で、調査員がiPadを持って地図を見ながら現地をまわり、帳票の必要な項目をチェックするとともに、写真を撮影します。入力したデータは事務所などに戻り、オンラインの環境でデータベースと連携できます。このほか、選挙対策で市会議員に活用してもらっています。支援者やポスター、陳情などの管理を地図と連携することで、選挙対策を効率化できます」

――サービスのターゲットにしているのは?

「地図は地域密着の企業こそ活用すべきです。従来、GISなどの地図サービスは、官公庁や大手企業向けのものばかりでしたが、中小企業こそ地図を使うメリットが大きいと感じています。当社に対しても「地図を使いたいが、これまで相談できる相手がいなかった」という声をよく聞きます。ほとんどの中小企業は、地図は見るだけですが、これを使いこなせるように変えていきます」

――中小企業のさらに先に、個人向けも見据えているとか?

「中小企業と同様に、個人も地図は見るだけで、使いこなしている人はほとんどいません。しかし、地図は個人でももっと活用できる可能性があるし、エンターテイメントにすらなりえると信じています。電車の中でスマホを使っている人を見ると、ゲームやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が圧倒的に多いのですが、ここに地図関連のアプリも加わることができるように変えることが私の夢です。当社にとって第3の柱に位置付けています」

――会社として今後の方向性は?

「GISを含めた地図関連の事業を展開するという軸は堅持しながら、地図市場のトップを目指していきます。資金調達の目途がついたことから、現在は社員の拡充を進めています。システム開発、営業、総務、新卒の4人が今春までには新たに加わる予定で、私も含めて6人体制となります。12月中旬にはみんなで集まり、キックオフも行いました。16年は飛躍の年にしなければと気を引き締めています」

(くろき・のりお)93年3月近大理工学部土木工学科卒、ニュージェック入社。2007年9月同社退社、10月あっとプラン設立、代表に就任。10年11月に本社を神戸から大阪に移転、社名をあっとクリエーションに変更。

2015.12.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む