官庁Authorities

官庁教育 / 大阪

公表期間を2月19日まで延長/旧北辰中学校跡地などを活用した交流施設整備で官民連携手法導入に向けた市場調査方針/茨木市

2016.01.20

大阪府茨木市は20日、「旧北辰中学校跡地等を活用した交流施設の整備にかかる官民連携手法導入に向けた市場調査方針」の公表期間を2月19日まで延長すると発表した。「より多くの対話などを行うため」としている。対話期間は2月26日までとなっている。

事業では旧北辰中学校跡地や周辺地域で、「農・林・食」をテーマにした交流施設を、官民連携手法を導入して整備・運営する。具体的には、山の食や里の食の提供、木工クラフト、DIYの一大拠点、人が集まる健やかな多目的スペース、周辺地域を含めた農空間の体験、教材化などを計画している。

官民連携手法導入可能性調査の結果、官民連携事業の実現性が高いと判断した場合、2016年度以降に実施方針の公表などを進める。里山センターと旧北辰中学校跡地の所在地は茨木市大字泉原20-2。

2016.01.20

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む