官庁Authorities

官庁交通関係 / 大阪

223億円で大林組に決まる/大阪国際空港ターミナルビル改修工事/新関西国際空港

2016.02.05

新関西国際空港は「大阪国際空港ターミナルビル改修工事」について、施工者を大林組に決めた。契約金額は223億円。実施設計と施工を一括して発注する。完成は2020年8月を予定している。

【完成イメージ】

大阪国際空港ターミナルビル改修工事完成イメージ

工事は大阪国際空港ターミナルビルの施設の建て替え・増築・改修工事について実施設計と施工を担当する。工事は建築、電気設備、給排水衛生設備、空気調和設備、昇降機設備、旅客搭乗橋設備、手荷物搬送設備、サイン、その他ビル周りの付帯の各工事一式。基本設計は安井建築設計事務所が担当した。工事場所は大阪府豊中市の大阪国際空港内。今夏から既存施設の解体に着手する。

現大阪国際空港ターミナルビルの規模はS・SRC・RC造地下2階地上8階建て延べ12万6113平方㍍。1969年2月1日から供用を始めた。

2016.02.05

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む