民間Private

民間教育 / 大阪

オリックス・バファローズの練習拠点の移転工事に着手/12月末の竣工めざす/大阪シティドーム

2016.02.26

オリックスの関連会社である大阪シティドームは、オリックス・バファローズの練習拠点を神戸市から大阪市此花区に移転する「(仮称)舞洲計画」の建設が始まる。24日に起工式を現地で開いた。オリックス・バファローズは、2017年シーズンから舞洲野球場と、舞洲野球場北西用地に建設するサブ球場、室内練習場、選手寮・クラブハウスを新たな練習拠点とする。合わせて、ファームの本拠地球場として舞洲地区の野球場を使う。12月末の竣工を目指している。

【17年シーズンから新練習拠点として活用する】

オリックス・バッファローズ新練習拠点1

現在の神戸総合運動公園周辺を拠点する球団施設を、大阪市此花区の舞洲地区に移転する。本拠地球場の京セラドーム大阪に隣接したエリアに、サブ球場、室内練習場、選手寮(4階建て、42室)やトレーニング施設を備えたクラブハウスを集約し、ファームだけでなく一軍選手も常時トレーニングができる環境を整えることで、チームの強化とファンサービスの充実につなげる。

設計施工は三井住友建設が担当する。建設地は大阪市此花区北港緑地2-1-19ほか。舞洲野球場の敷地と北西用地約10・4㌶を大阪市からから50年間借りる。総工費は約30億円を見込む。

2016.02.26

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む