その他

その他入札公告 / 大阪

新ごみ処理施設建設をDB方式で公告/予定価格は114億/寝屋川市

2013.12.20

大阪府寝屋川市は19日、「寝屋川市新ごみ処理施設建設工事」の総合評価制限付一般競争入札を公告した。日量200㌧を処理する高効率ごみ発電施設を整備する。実施設計と施工の設計施工一括発注とし、入札参加者は単独企業を対象にする。予定価格は114億円。入札の参加を2014年1月7日まで環境部ごみ処理施設建設室で持参や郵送で受け付ける。入札書の提出と仮契約の締結は4月下旬を予定している。

入札に参加するには、同市の入札参加資格者名簿に「清掃施設」で登録しているほか、1998年度以降に官公庁が発注し、施設規模は日量150㌧超で、2炉以上で構成し、ごみ発電を行っている全連続燃焼式焼却炉(ストーカ炉)の元請として完成引渡の実績などを求める。低入札価格調査基準価格や最低制限価格は設定しない。

施設は日量100㌧を処理する炉を2炉整備する。工事場所は寝屋川市寝屋南1-2-1。現施設の敷地内に建設する。工期は18年3月30日まで。支援業務受託者は中外テクノス関西支社が務める。

現施設の規模は日量360㌧。人口減少とごみ減量施策の推進で可燃ごみは減少傾向を予測していることから、処理量を減らす。新施設は年間約1600万㌔㍗時の発電量を見込む。電力を施設内で利用するとともに、余剰分は売電できるように検討する。

2013.12.20

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む