官庁Authorities

官庁交通関係 / 大阪

今秋から鉄道整備工事を本格化、20年度の開業めざす/北大阪急行線延伸事業で基本協定を締結/大阪府、箕面市、北大阪急行電鉄、阪急電鉄

2016.03.30

大阪府、箕面市、北大阪急行電鉄、阪急電鉄の4者は30日、北大阪急行線の延伸事業(千里中央駅~(仮称)新箕面駅)で基本協定を結んだ。整備費は概算で650億円とし、2020年度の開業を目指す。4月から都市計画事業認可など工事着手に向けた手続きを進め、今秋ごろから鉄道の整備工事を本格的に着手する。

【延伸線の範囲】

北大阪急行線の延伸事業

延伸区間は千里中央から(仮称)箕面船場駅を経て、(仮称)新箕面駅までの約2・5㌔㍍で、整備主体は箕面市と北大阪急行電鉄、営業主体は北大阪急行電鉄が務める。整備費の内訳は建設費が600億円、車両費が50億円。建設費は北大阪急行電鉄が80億円、国が260億円、大阪府が100億円、箕面市が160億円を負担する。車両費は国と箕面市が折半する。

8月ごろから(仮称)新箕面駅の予定地となるかやの中央駐車場を解体するほか、千里中央駅から(仮称)新箕面駅にかけての新御堂筋沿いで、鉄道の整備に支障となる水道管やガス管を移設するなどの準備工事を始める。新駅の所在地は、(仮称)箕面船場駅が箕面市船場東3丁目付近、(仮称)新箕面駅が箕面市西宿1丁目付近。

2016.03.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む