その他

その他店舗 / 大阪

日生球場跡地に商業施設を整備/竹中で爆弾探査・調査/東急不動産

2013.12.20

東急不動産は、大阪・森ノ宮の日本生命球場跡地に商業施設を整備する。現地では竹中工務店が残土の搬出作業を行っていたが、不発弾が見つかったもようで、現在は爆弾探査・調査や掘削を進めている。竹中工務店は「日生球場跡地不発弾調査作業所」を設けた。着工は12月の予定だったが、遅れる見通し。東急不動産によると「設計、施工者は非公表」としている。

東急不動産は、2013年2月に日本生命と事業用定期借地権を設定することに合意した。建設地は大阪市中央区森ノ宮2-1-1(住居)ほかの約3万3000平方㍍。地下鉄中央線・鶴見緑地線の森ノ宮駅から徒歩1分、JR環状線の森ノ宮駅から徒歩3分の場所に位置する。

大阪市に提出された大規模小売店舗立地法の届出書では、「(仮称)日生球場跡地計画A敷地」と「(仮称)ライフ森ノ宮店」の2件を9月25日に届け出している。敷地の南西側(敷地面積1万0248平方㍍)にスーパーの(仮称)ライフ森ノ宮店が進出する。残りの敷地2万2929平方㍍には、東急不動産が(仮称)日生球場跡地計画A敷地として、スポーツクラブ「東急スポーツオアシス」や小売店舗を整備する。

(仮称)日生球場跡地計画A敷地の規模は、S造3階建て延べ2万4876平方㍍。2015年2月に工事を完成させ、店舗の開業は同年4月を予定している。(仮称)ライフ森ノ宮店の規模は、S造2階建て延べ1万0445平方㍍。15年1月の竣工、同年2月のオープンを見込む。食料品、生活雑貨品、衣料品を扱うライフと、家庭用電化製品のエディオンが出店する。

【日本生命と東急不動産の13年2月のリリース】

【日生球場跡地の現状】

日生球場跡地の現状

2013.12.20

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む