民間Private

民間宿泊 / 大阪

天王寺公園に外国人向けゲストハウスを今秋に開設/国際観光拠点としての機能を強化/近鉄不動産

2016.04.15

近鉄不動産(大阪市天王寺区)は、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」に外国人向けゲストハウスなどが入る複合棟を整備する。複合棟にはゲストハウスのほか、40人収容のバス待合所や国際観光案内所が入る。2016年秋の開業を目指している。近鉄不動産がゲストハウス事業に参入する初弾となる。

【ゲストハウスが入る複合棟の外観】

近鉄不動産複合棟

ゲストハウスは約70ベッドを設ける。宿泊室は4人から8人のドミトリー形式とし、シャワールーム、ランドリー、キッチンを併設した交流スペースなどを設ける。複合棟の規模はS造3階建て。

天王寺公園の所在地は大阪市天王寺区茶臼山町。約2・5㌶のてんしばエリアは、大阪市との協定で近鉄不動産が管理運営している。「てんしば」は15年10月1日にリニューアルし、芝生広場を中心に、商業・飲食施設を運営し、多様なイベントを提供している。ゲストハウスを新たに設けることで、訪日外国人客の来場を増やし、国際観光拠点としての機能を強化する。

2016.04.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む