官庁Authorities

官庁交通関係 / 奈良

医大・周辺まちづくり検討業務で公募型プロポ2件を公告/まちづくり整備方針と新駅概略を検討/奈良県

2016.04.19

奈良県は19日、「医大・周辺まちづくり検討業務委託(その1)」と「同(その2)」の公募型プロポーザル2件を公告した。両業務とも参加表明書を28日まで県土マネジメント部まちづくり推進局で持参によって受け付ける。技術提案書を6月初旬に提出させ、6月下旬のヒアリングを経て、受託業者を特定する。

【位置図】

医大・周辺まちづくり検討業務委託

奈良県は県立医科大学の教育・研究部門の移転に合わせて、新キャンパスの整備や老朽化した医大附属病院部門の再整備、医大周辺のまちづくりの検討を進めている。その1では、医大敷地内の駐車場やグラウンドなどの移転によって生じた敷地、その周辺敷地外のまちづくり想定エリアを対象に、附属病院に隣接する利点を活かしたまちちづくりの整備方針を検討する。その2では、八木西口駅の移転によって新駅が設置されることと想定し、新駅設置の基礎となる資料を作成する。

その1の参加資格は奈良県の入札参加資格のうち、建設コンサルタント「都市計画及び地方計画」部門の資格などを求める。業務量の目安限度は2020万円(税込み)。業務はまちづくりエリアの整備方針と民間活力の導入によるまちづくりを検討する。

その2の参加資格は奈良県の入札参加資格のうち、建設コンサルタント「鉄道」部門の資格などを求める。業務量の目安限度は1180万円(税込み)。業務は新駅整備条件を整理するとともに、新駅の概略を検討する。

いずれも業務場所は奈良県橿原市。履行期限は2017年3月24日まで。

2016.04.19

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む