官庁Authorities

官庁入札公告 / 大阪

最適な事業手法などを検討/区画整理記念・交流会館整備最適事業手法検討調査業務を公告/大阪市

2016.05.24

大阪市は「(仮称)区画整理記念・交流会館整備最適事業手法検討調査業務委託」の一般競争入札を公告した。入札書を6月20日と21日に電子入札システムで受け付ける。開札は6月23日を予定している。

【整備イメージ】

(仮称)区画整理記念・交流会館基本構想(案)

参加資格は「都市計画及び地方計画部門」の登録などを求める。

業務は、子育て世代から高齢者まで幅広い世代が活動・交流できる複合市民利用施設((仮称)区画整理記念・交流会館)の建設に合わせて、地域の利便性の向上に役立つ民間などの附帯施設を建設するための最適な事業手法などを検討し、手法をとりまとめるとともに、事業実施に向けての課題などを整理する。履行期限は2017年3月31日まで。

大阪市は合わせて「(仮称)区画整理記念・交流会館」を対象にマーケット・リサーチ(市場調査)を実施している。地域の利便性向上に役立つ民間など附帯施設の導入可能性について、市場の動向や民間の意向などを把握することが目的で、施設のコンセプトや民間など附帯施設の用途や規模を調べる。7月19日から29日にヒアリング(対話)を行う予定だ。

(仮称)区画整理記念・交流会館は、(仮称)区画整理記念ホール、世代間交流・子育て支援機能・スペース、と予感、エントランスなどを整備する。公共施設として交流会館が延べ約6000平方㍍のほか、民間附帯施設を一体化する。最大開発規模は約9000平方㍍。

建設工事は19年度下半期に着手し、21年度の完成を予定している。基本構想策定の検討調査業務は地域計画建築研究所が担当した。

建設予定地の所在地は大阪市港区磯路1-7-3ほかの敷地1524平方㍍。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が400%と800%。大阪市が負担する建設予算上限は基金積み立ての32億円以内とする。基金積み立て額を上回る建設費は事業者で確保することを前提とする。

2016.05.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む