不動産Real Estate

不動産入札結果 / 大阪

必要な手続きが遺漏で入札中止/府有地売却の16年度第1回一般競争入札/大阪府

2016.05.27

大阪府は27日、府有地を売却する2016年度第1回一般競争入札で、地下埋設撤去工事で必要な手続きが遺漏していたことが分かったため、入札を中止した。大阪市旭区と守口市にまたがる守口高等職業技術専門校跡地の約1㌶が対象となっていた。6月17日に開札する予定だった。条件が整った段階で改めて一般競争入札を実施する。

【守口高等職業技術専門校跡地】

守口高等職業技術専門校跡地

対象となる敷地は守口市京阪本通2-75の敷地8905・64平方㍍と、大阪市旭区太子橋3-401の敷地1124・20平方㍍。用途地域は第1種住居地域で、建ぺい率が60%と80%、容積率が200%。

敷地内には15棟、延べ5551平方㍍の建物が残っている。地下鉄谷町線守口駅から南西約600㍍に位置する。建物は2013年3月31日に閉鎖された。最低売却価格は13億9300万円としていた。

2016.05.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む