官庁Authorities

官庁入札結果 / 滋賀

大成建設などを受託候補者に選定/公募型プロポ3件の結果を公表/米原市

2016.05.31

滋賀県米原市は公募型プロポーザル3件の結果を公表した。「 スポーツをテーマとした米原駅周辺エリアのにぎわい創出検討業務」は3件の応募からMPandCを、「スポーツサイエンス研究拠点誘致検討業務」は2件の応募から特定非営利活動法人TMJ研究所を、「 びわますファーム基本構想策定業務」は2件の応募から大成建設関西支店をそれぞれ業務受託候補者に選んだ。

「 スポーツをテーマとした米原駅周辺エリアのにぎわい創出検討業務」は、米原駅周辺地域の活性化を産学官連携によって推進し、当該地域に市内外から人を呼び込み、にぎわいを創出するため、市内と近隣市町からスポーツに親しむ多様な世代を呼び込む仕掛けを検討する。具体的には、スポーツの現況課題整理、プロスポーツクラブ誘致に向けた課題整理、プロスポーツクラブ誘致に向けた事業スケジュールなどの検討、米原駅周辺地域のにぎわい創出の検討、関係機関ヒアリングなど調査、運営主体設立に必要な資料整理、報告書取りまとめ、打合せ協議。業務期間は2017年2月28日まで。予定価格は400万円(税別)。

「スポーツサイエンス研究拠点誘致検討業務」は、米原駅周辺地域のにぎわいを創出するため、産学官が連携してスポーツサイエンス(暮らし・健康とスポーツに関する領域)の研究拠点の誘致の可能性を検討する。具体的には、現状の把握と分析、スポーツサイエンス研究拠点の設立手法などの検討、産官学連携方策の検討、報告書の取りまとめ、打合せ協議。業務期間は17年2月28日まで。予定価格は735万円(税別)。

「 びわますファーム基本構想策定業務」は、米原駅周辺地域の活性化を産学官連携によって推進し、当該地域に市内外から人を呼び込み、にぎわいを創出するため、琵琶湖固有種であるビワマスをテーマとした、米原市の「交流拠点」、「陸水生態研究拠点」、「養殖拠点」(育て・学び・食す)を集積する「びわますファーム」の基本構想を作成し、技術実証研究を行い、当該地域にびわますファームの誘致を検討する。具体的には現況課題整理、事業コンセプトの整理、施設整備構想の整理、米原駅周辺地域のにぎわい創出のための事業推進計画の整理、事業手法などの検討、事業化スケジュールの検討、事業化に向けた課題の整理、報告書の取りまとめ、打合せ協議。業務期間は17年2月28日まで。予定価格は1500万円(税別)。

2016.05.31

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む