不動産Real Estate

不動産入札公告 / 滋賀

高島市若者定住促進住宅地整備事業の公募型プロポを公告/若者の定住促進を目的とした住宅地を整備/高島市

2016.06.10

滋賀県高島市は10日、「高島市若者定住促進住宅地整備事業」の公募型プロポーザルを公告した。旧県農業試験場湖西分場跡地で、若者の定住促進を目的とした住宅地を整備する事業者を募る。参加申出書を7月1日まで総務部行財政改革推進局財産管理課で持参によって受け付ける。提案書を7月4日から22日に提出させ、8月上旬に土地購入予定者を決める。売買契約は9月下旬に結び、土地は10月下旬に引き渡す。

【敷地の平面図】

高島市若者定住促進住宅地整備事業

参加資格は高島市内に本社があり、事業を適切に実施できることなどが条件となる。

戸建て住宅地の分譲を計画し、全体の将来整備計画を明らかにし、コンセプトを設定させる。宅地1区画当たりの分譲価格は1平方㍍当たり4万円以下とし、面積は180平方㍍以上を平均で求める。最低売却価格は1億3120万円。

対象の敷地は高島市安曇川町田中字太田町487-1ほかの敷地1万2988・24平方メートル。用途地域は第1種住居地域で、建ぺい率が60%、容積率が200%。JR安曇川駅まで徒歩10分に位置する。

2016.06.10

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む