官庁Authorities

官庁入札公告 / 兵庫

出光興産跡地への移転に向けて基本設計を発注/中央卸売市場新市場基本設計を公告/姫路市

2016.07.06

兵庫県姫路市は6日、「姫路市中央卸売市場新市場基本設計業務委託」の制限付一般競争入札を公告した。参加申し込みを15日まで中央卸売市場管理事務所で持参によって受け付ける。入札と開札は29日を予定している。

【施設配置図(案)】

姫路市中央卸売市場新市場基本設計業務委託

参加資格は過去15年間に、卸売市場法に規定する卸売市場、または09年国土交通省告示15号別添二第一号第2類に示す物流ターミナルに対する設計業務を元請として完了した実績などを求める。

中央卸売市場を白浜地区(出光興産跡地)の約7㌶に移転して建て替える。建物は4階建て延べ約8600平方㍍の管理施設、平屋延べ約7500平方㍍の水産施設、平屋延べ約1万0700平方㍍の青果施設、1000台分程度の平面駐車場などを整備する。建設地は姫路市白浜町甲841-3の一部ほかの敷地約7万平方㍍。履行期間は2017年3月31日。

建設工事は18年度から20年度を計画している。基本計画時の概算建設工事費は77億7000万円。整備総事業費は用地取得費を含めて約123億7000万円を見込む。

15年8月に定めた「姫路市中央卸売市場整備基本計画」によると、整備規模は民間整備分を除き7万4200平方㍍とし、現状より12%規模を縮小する。現施設は昭和40年代から60年代に改築して以降、大規模な改修を実施しておらず、老朽化が進んでいるほか、関連店舗棟や卸売棟は旧耐震基準施設となっており、耐震性にも課題があった。

2016.07.06

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む