不動産Real Estate

不動産店舗 / 大阪

岸和田カンカンベイサイドモールを19億円で売却/将来の収益性回復は難しいと判断/日本リテールファンド投資法人

2016.08.02

日本リテールファンド投資法人は、大阪府岸和田市の商業施設「岸和田カンカンベイサイドモール」を19億円で売却する。取得者は、岸和田プロパティ合同会社(東京都千代田区)。合わせて関西では、2014年11月に閉店した「テックランド寝屋川店」(大阪府寝屋川市)の底地1・1㌶をヤマダ電機に売却する。

【売却される岸和田カンカンベイサイドモール】

岸和田カンカンベイサイドモール

「岸和田カンカンベイサイドモール」は、核テナントであったイズミヤが退去し、競争激化によって将来の収益性回復は難しいと判断し、売却を決めた。建物は店舗・駐車場などのEAST館と、店舗・映画館・駐車場のWEST館で構成する。EAST館の規模はSRC・S造地下1階地上5階建て延べ4万5658平方㍍で、1997年2月26日に建築した。一方のWEST館の規模は、S・SRC造地下1階地上4階建て延べ3万0994平方㍍で、1999年9月1日に建築した。

所在地は岸和田市港緑町2-1ほかの敷地4万7512平方㍍。帳簿価額は71億6500万円だった。2日に譲渡契約を結んだ。5日に譲渡する。

寝屋川市の底地の所在地は、寝屋川市大成町327-1ほかの敷地1万1430平方㍍。譲渡価額は「イオンモール東浦」(愛知県東浦町)と合わせて138億7000万円。2日に譲渡契約を結ぶとともに、譲渡した。

2016.08.02

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む