民間Private

民間共同住宅 / 大阪

本庄西のタワーマンションは44階建て高さ146㍍/8月に着工、16年末に完成/住友不動産とパナホーム

2014.04.12

住友不動産パナホームが大阪市北区で計画している超高層マンション「(仮称)本庄西計画」の詳細が明らかになった。建物は44階建てで、高さは146㍍。設計施工は清水建設が担当する。8月1日に着工し、2016年12月27日の完成を目指している。

【(仮称)本庄西計画の完成パース】

住友不動産が建設する超高層マンションのパース

超高層マンションの規模はRC一部S造44階建て延べ5万5200平方㍍。総戸数約500戸。建設地は大阪市北区本庄西1-12-1(地番)。敷地面積は5894平方㍍で、このうち1800平方㍍を建築面積に充てる。敷地にはパナソニックテクニカルサービス(現パナソニック コンシューマーマーケティング)の旧本社があった。用途地域は準工業地域で、容積率は300%、建ぺい率は60%。

【敷地はすでに更地化している】

敷地は駐車場として使っている

一画の敷地のうち、既存のマンションの「ローレルアイ梅田」(事業主=近鉄不動産、設計施工=奥村組)を除く部分に超高層マンションを建設する。ローレルアイの建つ敷地は旧阪奈信用金庫(現大阪シティ信用金庫)の大阪北営業部の事務所があった。一画の東側には30階建てマンション「アデニウムタワー梅田」(事業主=ジョイント・コーポレーション、設計施工=奥村組)が建っており、完成後は超高層マンション2棟が並ぶことになる。

2014.04.12

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む