官庁Authorities

官庁入札公告 / 兵庫

三木SA北側エリアに大型集客施設を誘致/事業化に向けてサウンディング調査/三木市

2016.08.04

兵庫県三木市は、「山陽自動車道三木SA北側エリア開発プロジェクト」の事業化に向けてサウンディング調査を実施する。事業計画エリアは約55㌶の山林で、大型集客施設を誘致する。申込書を16日から31日に営業課で持参または郵送によって受け付ける。9月1日から6日に選定し、9月8日に選定結果を公表する。

【事業計画エリア】

山陽自動車道三木SA北側エリア開発プロジェクト

対象者はサウンディング調査に参加後、2017年度に市が実施を予定している開発計画のプロポーザルに参加することを検討する法人または複数の法人で構成するグループとする。選定後に3回程度サウンディング調査を実施し、基本構想の策定に反映させる。基本構想を17年2月ごろにまとめた後、プロポーザル発注の準備に入る。

調査では、民間事業者の意向やアイデアなどの把握、民間事業者が参入しやすい公募条件の設定、計画エリアの地域課題や配慮事項の確認、基本構想における事業の実現性と採算性の向上などを聞き、非公開で実施する。

対象地は三木市加佐、平田、大村の約55㌶で、地形はなだらかな丘陵となっており、小野市の工業団地にも接している。高速道路直結型の大型商業施設や交流型産業施設などを誘致する。市と事業協定を結び、市と共同事業者が用地を買収し、今後5年かけて開発許可を取得する。21年度から造成工事や施設を整備し、24年4月以降の開業を目指している。

2016.08.04

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む