官庁Authorities

官庁入札結果 / 京都

松田平田設計を特定/新普通科系高校の施設整備事業に係る基本構想策定などの公募型簡易プロポ/京都市

2016.09.01

京都市は、「新普通科系高校の施設整備事業に係る基本構想策定及びその他業務委託」の公募型簡易プロポーザルを実施し、松田平田設計大阪事務所を受託候補者に特定した。予定価格は1200万円(税別)。

プロポーザルには、浦辺設計、ケイ・アソシエイツ、松田平田設計の3者が参加した。

4月に京都工学院高校が開校し、2017年度以降に活用が可能となる洛陽工業高校の跡地に、塔南高校を移転・再編して新普通科系高校を整備する。高校の規模は校舎が延べ2万1352平方㍍、屋内運動場が2390平方㍍、運動場が1万1599平方㍍。生徒数とクラス数は1学年7学級の280人程度で、3学年で21学級の840人程度を想定している。想定教職員数は80人。

業務内容は計画地の条件整理、教育活動に対する施設・設備などの提案、施設内容と施設規模の検討、施設などに必要な基本的性能の整理、概算建設工事費と工期の算定など。

履行場所は京都市南区唐橋大宮尻町22の敷地3万2099平方㍍。委託期間は17年1月31日まで。

16年度に基本構想を策定し、17年度に基本計画を定める。17年度と18年度で基本設計と実施設計を終え、19年度に新築工事に着手する。工期は19カ月以内を見込む。

2016.09.01

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む