官庁Authorities

官庁入札結果 / 京都

清水建設JVが129・9億円で応札も予定価格超過で不成立/WTOの美術館再整備工事/京都市

2016.10.06

京都市は、5日に開札したWTO対象の「京都市美術館再整備工事」の一般競争入札が不成立となったと公表した。清水建設・岡野組・住友電設・日比谷総合設備JVの1者が応札したが、入札が2回とも予定価格を超過した。調査、実施設計、施工を一括して発注する予定だった。

【京都市美術館再整備事業の南東鳥瞰図】

京都市美術館再整備工事基本設計

同JVは初回に129億9800万円で札を入れ、再入札では129億9000万円で入札したが、いずれも予定価格を上回った。予定価格は非公表としている。

老朽化が進む本館は全面的に改修し、耐震性能の強化、空調設備や照明設備の全面更新など展示機能を強化する。概算工事費は約100億円を見込む。

建物の規模は、改修する本館がRC一部SRC・S造地下1階地上2階建て、増築する新館がS一部RC造地下1階地上2階建ての延べ1万9590平方㍍。

設計は青木淳建築計画事務所・西澤徹夫建築事務所JVが担当した。建設地は京都市左京区岡崎円勝寺町124の敷地2万5569平方㍍。工期は2019年7月31日までとしていた。

2016.10.06

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む